ブログ

2014.08.28

日本史の勉強法・参考書<その四 日本史の論述>

使用する参考書と大まかな使い方

日本史講義 時代の特徴と展開

論述に入る前の切り口、考え方、書き方のポイントを学ぶための一冊。主に東大受験の本。歴史を論述する態度とはどのようなものか、学究的な姿勢が伺える。本編は左ページと右ページが独立した文章という特殊な構成で、まず左ページ原稿があって、右ページはそれに補足する形で書かれている。左右のページを比べてみると「補足」になっている。別の整理の仕方を提示する場合もある。考え方を多角的に見る・読むことが出来る模範的な内容。

②“考える” 日本史論述

論述の基本的な優しい教材。まずこれでとりあえず論述を書けるようにしていく。
受験生がぜひとも経験しておくべき代表的な過去問を題材に、論述問題への具体的なアプローチを示し、その考え方、答案作成に至る過程を明示。

③日本史 論述研究 -実戦と分析-

主に国公立大学を受験するための難しい、文字数も長く、史料の読み解きも必要になる。
入試に於ける「論述問題」を、実戦的に「読み解く」ことを通し、重要テーマとなる「各論」を押さえつつ、古代から現代に至る「日本史」を分析し、その「通史」的理解を獲得することを目的につくられた参考書。各問題は、「設問」「解説」「解答例」「採点基準」で構成。


論述の日本史勉強法

①論述の基本

学校によって出題の仕方は違うが、自分で説明しないといけない。苦し紛れに書いたらすぐばれる。字数に合わせて繋がりを意識して書いていかないといけない。ここで教科書が重要になってくる。

②文字数に合わせた解答を書こう

出題字数が100~400字では全然違う。この字数で書くべきことは何か重要度を理解する。

③書き直しは重要

新しい問題に挑み続けるよりも、一冊の問題集の回答を修正し続ける(ブラッシュアップ)ことが重要。完璧な回答に仕上げる、書き直しし直すことで気にするポイントが解るようになる。いかに工夫して解りやすい表現にするか回答の向上が必要になる。


勉強がうまくいかない場合の日本史勉強法チェック

1.解答を覚えようとしていないか

回答の丸暗記をしても、同じテーマでの出題はない。自分で書けるようにならないと意味がない。

2.採点の基準を理解しているか

苦し紛れに書いた論述はばれる。また文字数が足りていないと採点すらしてもらえない。
自己満足で論述を書いてはいけない。文字も綺麗に、読みやすくする必要がある。

3.志望校に合わせた字数で練習ができているか

過去問に合わせて調整する必要がある。100~400字と出題文字数に開きがある。

カレンダー

«8月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.