ブログ

2014.08.28

日本史の勉強法・参考書<その二 日本史 問題演習>

使用する参考書と大まかな使い方

①センター試験過去問

スピードマスターが終わって最低限の用語を覚えたらすぐに入るテキスト。紛らわしい物の年号と起った順番さえ覚えていれば大概解けるレベル。過去問で8割以上とれるように。
「赤本」。正誤問題の極意を伝授。誤文を見つけるコツがわかる。センター試験の過去問題集。詳しい傾向分析や先輩受験生の攻略アドバイスなど、豊富なコンテンツで過去問演習をサポート。使いやすい別冊問題編。臨場感たっぷりのマークシート解答用紙つき。

②実力をつける日本史100題

MARCH、早慶レベルはこの一冊で網羅できる、滅茶苦茶詳しくて量が多い問題集。問題よりも解説の方が詳しい。詳し過ぎるので解説にのめり込むと時間がムダ。やり過ぎ注意。
標準レベル・頻出テーマの問題を解くことで、日本史の流れと重要事項の体系的な理解を図る。時代別75題、テーマ史20題、論述5題を収録。本書を仕上げた後は、個々の知識がスッキリつながる。 解答編では最初に解答・配点を示し、次に解答に至る過程を示しながら、各設問の内容を丁寧に解説。問題編は見開きですべての問題が確認できる配点と目標時間を掲載。解説では重要箇所に下線を引いて論述対策にも備える。理解を助ける地図や表も豊富。論述問題には要素ごとの配点も明示。

③日本史B 正誤問題集 最新版

早稲田、慶応で使う正誤問題(文章の間違えている数を答える)など形式の難易度が高い。分野別テキスト。早稲田の社会学部志望の人はやっておいた方がいい。時間に余裕があれば。
種類やしくみ、さらに問題文のどの部分をチェックすればよいかなどをまとめている。2部で構成。第I部は通史、第II部は部門史となっている。さらに問題毎に難易度を表示。


問題演習の日本史勉強法

①暗記が大前提

通史や文化史、一通りの用語を覚えてないのに日本史問題集に入っても意味がない。問題集ではフォローしきれない範囲があり、インプット(暗記)用の教材で暗記を積み立てることが必要。自分が覚えきれていない点を確認するために解く。学びなおして整理する流れを作る。覚えた知識を使うために問題集をやるのであって、問題集で成績が上がると思うな。

②復習を重視しよう

解けたら結果オーライで、解けなかったらそれを、どう間違えたのか確認し、正しく暗記することが必要。それはより深く正しく理解するということ、それで先に進む。

③解き直しは徹底的に

日本史問題集を解く回数が少ない人が多い。100点取れるようになるためには、何度も同じものを解き続けて、忘れたことを取り戻す。短い時間でグルグル回すことを意識する。

④難易度が上がった時に気にするポイント

間違えてみないと気にしないポイントがある。日本史の教科書本文に書いてある。基礎の段階で聞かれていないことを、一定のレベルになると問われるようになる。より知識を詳しくしていく。


勉強がうまくいかない場合の日本史勉強法チェック

1.問題集だけで復習を完結させていないか

講義用の日本史参考書、用語集、史料集などのテキストを使って総合的に復習をすること。覚え方を学んで覚え直す必要あり。正解率が上がるだけでは成績は上がらない。問題集を覚えても意味がない。覚えた知識を使って知識を深めていかなければならない。

2.答えの丸暗記になっていないか

同じ問題が出ないのに、答えの丸暗記をしても意味がない。正解率を上げながら知識を深めていくために勉強するということ、深く日本史の流れを理解する必要がある。

カレンダー

«8月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.