ブログ

2014.08.29

地理の参考書・勉強法 地図・統計資料

使用する参考書と大まかな使い方 

①標準高等地図

国際感覚が身につく地図帳。世界地図、日本地図、資料図、統計を収録。政治・経済・文化などの面で注目を集める地域に焦点を当てた地域拡大図を掲載し、地歴科・公民科の学習に必要な地名にはワンポイント解説を掲載。環境問題や人口問題、日本の領土と主権など、14テーマの資料図を掲載。巻頭には、「現代社会を読み解く基礎データ」として、経済や人口で色分けした地図などを掲載。巻末には、おもな国の国旗と概要、統計などを掲載。

②学受験対策用地理データファイル

ワンポイント解説が付いた大学受験に対応できる詳しい地理統計。対策編と本編の2部構成。対策編では、統計をパターンで覚えるための工夫を試みている。本編では、自然や人口、農業、鉱・工業、貿易などの諸データを収録。


地図・統計資料の使い方 

◎地図

知らない国や地名、用語が出てくるたびに、地図を見ながら調べる癖をつけておこう。

◎統計

出てきたテーマについて常にちょっと詳しく調べるという習慣をつけておいた方がいい。統計資料を自力で読むことができないといけない。しかし、どこが出てくるかわからない。資源や産業など、テーマ別に地域や国の名前でランキングが頭に入っているとベスト。

カレンダー

«8月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.