ブログ

2015.02.13

直前期の過去問演習のやり方

皆さんこんにちは。
日本初!授業をしない塾、武田塾西葛西校 講師のI.Yです。

2月も中旬になり、私立大学の試験も折り返し地点まできました。
「残るは早慶大などと国公立大の試験だ!」という人が多いことでしょう。
という訳で、この時期に最も重要なことについてお話しようと思います。

それはずばり、過去問演習のやり方です。

この記事を読んでいる受験生の皆さんは、「この時期に過去問演習をやるのは当たり前だよ」「過去問が重要なんて知ってるよ」と思っているかもしれません。
確かにその通り。
しかし、本当に重要なのは過去問から 出願側の意図を読み取れるようになることです。
過去問に取り組むときに、
ただ問題を解くだけになっていませんか?
点数や得点率に一喜一憂していませんか?
それでは過去問演習の効果を半分以下しか使えていないのです。
出題側の意図が読めるようになることで問題の傾向や、解く方針がわかるようになります。
入試問題は大学の教員が制作しています。よって、大学が受験生に要求している事柄が入試問題に反映されているのです。
それは、例えば英語の文法であったり、読解力であったりするわけですが、長文問題の中で、実は文法についての出題があるのはその意図が隠されているという訳です。
出題意図をつかむことが、問題を解くため切り札になります。
過去問は意図を読み取るための格好の練習です。
毎日の過去問演習で、問題の意図についても注目するようにしてみてください。
きっと、それぞれの問題が無機質なものでなく、合格への道しるべにみえてくるはずです。


カレンダー

«2月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.