ブログ

2017.02.27

【講師インタビュー①】慶應経済・竹岡先生~後編~

こんにちは、武田塾西葛西校のMです!国公立大学の前期試験を受験された受験生の皆さま、本当にお疲れさまでした。

この週末、紅白ピンクの梅が満開でしたよ。桜の季節も、もう間もなくですね。
3月に入ると、現役生の方は卒業式!これから後期試験に臨む方、体調に気を付けて最後まで頑張ってください。

本日は、慶應義塾大学経済学部の3回生、社交ダンスの竹岡先生のインタビュー後編をお送りします。

(以下 私:M 竹岡先生:竹)

5:武田塾の勉強方法についてどう思いますか?

武田塾の勉強方法は、大学受験において非常に理にかなっていると思います。“参考書至上主義”と言えるような、そういった勉強をすることです! 私も勉強するときは、参考書や過去問から知識を吸収しました。

また、【4日進んで2日戻る】勉強法に関しても、理にかなっていると思います。私が受験生の時は復習を大しておこなわず忘れることが多かったため、特に日本史は流れと知識が繋がるのが遅くなり、試験が近くなるにつれてヒヤヒヤしていました。


M武田塾の教材は市販の参考書。どの参考書を、どの順番で、どう併用して使っていくのかがシステム化されているので、迷うことがないですよね^^
【4日進んで2日戻る】は1週間の勉強のうち、2日間復習に充てること。実際に行ってみると復習の重要性を強く感じられると思います。私も受験生の時このやり方をしてたらなぁ、、と切実に感じています(@_@)



6:成績を上げる為にはどうしたらよいでしょうか?

私個人の考えですが、やはりただ与えられたことだけをするのでは、テストで点数を取れません。これは、“テストで点数を上げる為にはどうしたらいいか” を深く自分で考えないからです。
まず、なぜ自分がその大学に行きたいのか、なぜその大学でなければダメなのかをはっきりとさせて、自分から積極的に勉強したい、もしくは、しなければ!と思うことが大切です。親や先生に「勉強しろ」と言われたから仕方なくやるではダメなのです。
自分ではっきりとした目標を明確にすることで、勉強の効率を上げる方法や学んだ知識を、違った形で出題されても解ける方法を考えて実践するようになるはずです!
その具体的な方法を考える手助けとなるのが私達講師の役目であると考えています。他の予備校も同様で、週1,2回程度の特訓や授業を受けただけで志望校に受かることはありません。要は、
自発的かつ積極的に勉強する姿勢が成績を上げることに繋がるということです。

M熱い熱いメッセージありがとうございます☆彡多くの受験生は、“塾に通ったから合格する”訳ではないことは分かっていると思いますが、「どうして?なぜ?」と深く考えたり、自発的な姿勢を初めから持ち備えている人ばかりではありませんよね
是非、直接竹岡先生の話を聞いて、喝を入れてもらいたいです^^



7最後に、頑張る受験生に一言お願いします

「夢は近づくと目標に変わる―イチローの言葉―」



以上、竹岡先生のインタビューでした♪

西葛西校には、このように自身の経験を踏まえて真剣にアドバイスをしてくれる講師の先生がたくさんいます!
武田塾にご興味のある方、是非お気軽にお問合せください。

カレンダー

«2月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.