ブログ

2019.06.10

☆定期テストと受験勉強~part1~☆

こんにちは、武田塾西葛西校です!
本日東京はものすごく寒いです。10度以上気温が下がってしまいました・・・
急激な気温の変化で体調を崩さないように注意しましょう

受験生の皆さん、特に受験学年である3年生は、学校の定期テストで悩んでいませんか。
今日は受験生と定期テストについて考えてみます!

定期テストは直接的に大学受験の合否には関わりませんが、学校に通っている以上避けては通れませんよね。
受験に使用しない科目にも勉強時間を費やさねばならないので、本当に悩みどころだと思います。
しかも年に4~5回ほど定期テストはやってきます。
テスト期間中は、テスト勉強のために普段の受験勉強の時間を当てなければならないため、勉強スケジュールを上手く立てられないという人も多いと思います。

皆さんはどうやって攻略していますか?

悩み1 定期テストのせいで計画的に行ってきた受験勉強が止まってしまう・・・

この悩みの対策としては、定期テストの勉強をする際に同時に受験勉強に直結する勉強方法で行うことです🌸

一般的に定期テストに出題される問題は、学校のプリントや板書、教科書の重要箇所など、比較的短期的な記憶でカバーできるものです。
しかし、せっかく勉強するのであればすぐに忘れてしまう短期記憶ではなく、受験に活かすことのできる長期記憶を身に付けるための勉強をしましょう!

具体的には、日頃から学校の教科書ではなく、受験勉強の際に使っている参考書で勉強します!
テスト日が近付いたら、復習も兼ねて参考書のテスト範囲部分を繰り返し学習し、その上でテストに臨めば勉強時間の無駄になることはありません。


悩み2 受験で使わない科目の勉強はどうしたらいいの・・・?

学校の定期テストの科目の中には受験では一切使う予定のない科目もありますよね。特に文系志望の人にとっては、理系科目は不必要なので勉強時間が無駄になると考えると思います。また、国公立や医学部志望の人にとっては、小論文や志望校別の試験形式に慣れるための対策も必須なので、定期試験にだけ多くの時間は掛けられません。
つまり、志望校や志望学部、更にAO入試や推薦狙いによってもそれぞれ置かれている立場が違うため、受験で不要の科目にどのくらいの比重を置くかについては難しい問題だと思います。

しかし、最低限赤点を免れるぐらいの点数をどの科目でも取る必要はあるので、それぞれ自分のレベルにあった参考書で定期テストの勉強を行い要点を押さえましょう。
大学受験では使わないけれど定期テストの科目であり、かつ苦手科目であれば、自分のレベルにあった参考書を使うことで効率よく要点を押さえることができます。
一般受験をするのであれば、試験の点数は関係ないため最低限赤点を取らないために要点だけを押さえ、バランスよく勉強しましょう!


長くなりましたので、☆定期試験と受験勉強~part2~☆に続きます!
次回は、定期テストの勉強はいつから始めるのがいいの?という悩みに答えます!


武田塾西葛西校では、無料受験相談を随時受付中です!
現在、『夏だけタケダ』申込み受付中です!お気軽にお問合せください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎日更新、
動画サイト武田塾チャンネルはこちら
武田塾西葛西校へのお問合せはこちら
武田塾のルートはコチラから見れます! →→→ 逆転合格.com

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

 武田塾 本校            
≫  武田塾 本校HP

教室案内

武田塾 西葛西校
TEL 03-6808-9856
東京都江戸川区西葛西6-16-7-502
西葛西駅前三基ビル

≫≫西葛西校までのアクセス

武田塾西葛西校MAP

武田塾西葛西校のTwitter

Copyright (C) 武田塾西葛西校 All Rights Reserved.